米国債:上昇、入札好調-「トランプ・トレード」見直しの動き

更新日時

11日の米国債相場は上昇。10年債入札(発行額200億ドル)が昨年6月以来の強い需要を集めたことが手掛かり。ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利を受けて国債売りを続けていたトレーダーには、新たに買いのきっかけが示された形となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。