ブラジル中央銀行は11日、政策金利を0.75ポイント引き下げ、13%とすることを決めた。政策当局者は停滞する経済の活性化を目指し、予想を上回る大幅利下げに踏み切った。

  ブルームバーグの調査では、アナリスト48人のうち0.75ポイントの利下げを予想していたのは4人。43人は0.5ポイントの引き下げを見込んでいた。

  今回の決定は2017年の年頭に当たって同中銀がインフレ懸念の後退を受け、ブラジル経済の再生を最優先する熱意を強調する強いメッセージとなる。11日の利下げ幅は昨年10月に始まった今の金融緩和サイクルでは最大。インフレはここ2年半で最低の水準に鈍化したものの、高い債務水準に加え、企業・消費者の信頼感がいずれも弱いことが依然として成長の妨げとなっている。

ブラジル中銀
ブラジル中銀
Photographer: Lula Marques/Bloomberg

  同中銀は利下げ決定に伴って発表した声明で、抑制されたインフレ期待やディスインフレの広がり、経済活動の予想以上の弱さを踏まえると「金融緩和サイクルを進めることが適切になっており、新たな緩和のリズムを設定することが可能だ」と説明した。

  予想より大幅な利下げ決定を受けてブラジルの上場投資信託(ETF)の「iシェアーズMSCIブラジル・キャップトETF」は一時2.6%上昇した。

  バンコ・フィブラのチーフエコノミスト、クリスチアーノ・オリベイラ氏は金利決定前のインタビューで、「利下げの余地は大きい。ブラジルには借り入れコストの低下が必要だ」と述べ、「このようなマイナスの需給ギャップの中で、これほど高い指標金利は正当化できない」と指摘した。

原題:Brazil Slashes Key Rate in Bid to Revive Flatlining Economy (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE