NY原油(11日):反発、6週間ぶり大幅高-製油所の活動活発化で

11日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発、ほぼ6週間ぶりの大幅高となった。米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で、製油所での原油使用量が統計が始まって以来の最大だったことが明らかになった。一方、原油在庫はアナリスト予想より大幅に増加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。