11日の欧州株式相場は上昇。鉱業株と石油・ガス株の上げが目立った。一方、トランプ次期米大統領の発言で製薬株が売られた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%高の364.90で終了。一時は0.3%安となっていた。業種別指数の中で、製薬株が最もきつい下げを演じた。トランプ氏が記者会見で、医薬品には入札方式を導入する方針を示した。

  製薬株では、北米での売上比率の大きいアイルランドのシャイア-とスイスのロシュ・ホールディングス、英アストラゼネカが安い。これに対し、原油高を手掛かりに石油・ガス株が上昇したほか、鉱業株は2015年5月以来の高値を付けた。

  英FSTE100指数は0.2%上昇。過去最長の12営業日続伸で、終値ベースでの過去最高値の更新は10日目となった。

原題:European Stocks Advance as FTSE 100 Caps Record Winning Streak(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE