オバマ大統領、トランプ氏の「ゼロサム」政治を批判-お別れ演説

  • 政治への関与や団結の必要性を国民に訴え
  • 移民の子供に投資することが米国の将来に必要だ

President Barack Obama waves as he speaks during his farewell address at McCormick Place in Chicago, Tuesday, Jan. 10, 2017.

Photographer: Pablo Martinez Monsivais/AP

オバマ大統領は10日夜、シカゴでお別れ演説を行い、トランプ次期米大統領が目指す「ゼロサム」政治を批判した。8年前の大統領選で歴史的勝利を挙げたオバマ氏は、自分のビジョンが受け継がれることはないと認めた上で、トランプ氏と明確な一線を画した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。