米国は「必要不可欠」な存在であり続ける-次期安全保障担当補佐官

トランプ次期米大統領が国家安全保障問題担当補佐官に起用したマイケル・フリン氏は10日、次期政権が対外関係を見直す可能性に言及する一方、米国は世界の安定にとって引き続き「必要不可欠」な存在であり続けるだろうと語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。