米情報当局者は、トランプ次期米大統領にとって不名誉になりかねない個人情報などをロシア政府が収集していたとの裏付けの取れていない報告を受け取ったことを同氏に伝えた。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  米CNNの10日の報道によると、ロシアによる米大統領選への干渉に関する調査報告の一部として、米情報当局幹部らはトランプ氏と民主党候補ヒラリー・クリントン氏に関するロシア政府の情報収集とされる動きについて元英国工作員がまとめた2ページの文書も加えた。米連邦捜査局(FBI)は文書にある情報について検証できていないとCNNは伝えた。

  米メディアのバズフィードはその後、トランプ氏と側近に不利になり得るが裏付けのない情報を含む35ページから成る文書を公表した。同関係者は、この文書が政府が所有する資料と同じであることを確認した。

  同文書によれば、ロシア政府による情報収集の狙いは、こうした情報を利用し米国の政策をロシア寄りにシフトさせることで、トランプ氏をゆする可能性もあったという。文書についてはオバマ大統領も説明を受けた。

  トランプ氏はニューヨーク時間10日午後8時20分ごろにツイッターへの投稿で「うそのニュースだ。全く政治的な魔女狩りだ」と述べた。どの報道に関してコメントしたのかは言及しなかった。

  政権移行チームに取材を試みたが返答はなかった。FBIの報道官はコメントを控えた。

  CNNの報道によると、情報当局高官がトランプ氏に報告の概要を伝えたのは、この情報が一部議員や政府当局者、報道関係者に広まっていることを知らせるため。

  トランプ氏は大統領選勝利後初の記者会見を11日に控えている。同日には上院で元エクソンモービル最高経営責任者(CEO)のレックス・ティラーソン氏の国務長官指名に関する公聴会も開催される予定。民主党はティラーソン氏がロシアのプーチン大統領と緊密な関係を持つと批判している。

原題:Trump Said to Be Told of Unverified Russian Intelligence (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE