30年ぶりに株・債券の相関回帰か-バーンスタインが分散投資に注意喚起

  • ここ30年余りの乖離は歴史的には例外-株式と債券相場
  • 向こう10年はリターン低下とボラティリティ増大を覚悟する必要

それが続いている間はよかった。株式と債券相場が30年にわたって乖離(かいり)してきたことだ。だが、この傾向はそろそろ終わりを迎えると、サンフォード・C・バーンスタインは予想する。投資家は認識をがらりと変える必要がありそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。