米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の組み立てを手掛ける台湾の鴻海精密工業が、年間ベースで上場後初の減収となった。世界的なスマホ市場不振が響いた。

  鴻海が台湾証券取引所に提出した資料によれば、2016年の売上高は前年比2.8%減の4兆3600億台湾ドル(約15兆8100億円)。アナリスト予想とほぼ一致した。1991年の上場以降、「フォックスコン」との名前でも知られる鴻海の年間売上高が減少したのは初めて。

  電子機器の受託生産で世界最大手の鴻海はシャープを買収。現在は中国本土での大規模ディスプレー工場の建設に向け巨額投資を準備している。

原題:IPhone Maker Hon Hai Posts First Sales Fall Amid Smartphone Woes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE