海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎グロース氏:米10年債利回り2.6%、ダウ平均2万ドルよりも重要

◎「ザ・カルテル」の元為替トレーダーを起訴-米連邦大陪審

◎独VW、43億ドルでの米当局との和解を確認-ディーゼル車問題で

◎ソフトバンクの11兆円ファンド、英ナイト・アセッツ創立者を起用

◎トヨタの豊田社長、ペンス次期米副大統領とワシントンで会談-CNBC

◎米リッチモンド連銀のラッカー総裁、10月1日付で退任へ

◎【市場の視点】メキシコ、年末までに100bp利上げ-サンタンデール

◎ドル高、2017年下期に勢い弱まる可能性が高い-MUFG

◎ブラジル・レアルの年末見通しを引き上げ-ラボバンク

◎GM:2017年調整後1株利益6-6.5ドルと予想-市場予想は5.73ドル

◎トランプ米次期政権、対英貿易協定の早期締結に熱意-ジョンソン外相

◎中国当局、「ポケモンGO」型ゲームの承認申請を当面受理せず

◎安倍首相:16-17日にベトナム訪問-ベトナム政府が発表

◎米求人件数:11月は552万件に増加、雇用拡大も解雇者は2カ月連続増

◎トルコ中銀、市場介入も辞さない構え示す-通貨リラ急落で

◎ジンマー・バイオメット:4Q暫定の純売上高、市場予想の最高上回る

◎スカラムーチ氏、短期間でのスカイブリッジ売却を見込む

◎メキシコ新外相:国境の壁建設費用、トランプ次期米政権と交渉しない

◎米卸売在庫:11月は前月比1%増-市場予想0.9%増

◎チポトレ、12月既存店売上高は1Qの予想超えを示唆-ウェドブッシュ

◎中国人民銀行が中心レート設定方法変更か、元高狙い-ゴールドマン

◎ゴールドマンとコメリカの投資判断引き下げ-シティ

◎イルミナの投資判断「買い」に引き上げ-BofAメリル

◎独VW:12月のグループ販売台数は前年同月比11.8%増の93万3300台

◎OPEC事務局長:7カ国の石油担当相がアブダビで13日に会合

◎トルコ議会、憲法改正案の審議開始へ-大統領への権限移行を意図

◎ECB総裁やイタリア前首相もサイバースパイの標的-メッサジェロ紙

◎国際サッカー連盟:W杯出場枠を48カ国に拡大、最大25%増収も

◎2社合併で印最大の不動産ポータル誕生へ-ソフトバンクは出資縮小

◎イラク、OPECとの合意で日量16万バレル減産-ルアイビ石油相

◎インド:12月の自動車販売、16年ぶり大幅減-高額紙幣廃止の影響で

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE