10日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対ユーロなどで小幅高。トランプ次期米大統領の記者会見を11日に控えてもみ合いとなった。リスク選好の動きが引き続き抑制される中、世界経済に影響を及ぼし得る財政拡大や貿易政策変更を示唆する発言があるかどうかに注目が集まっている。

  先週のドル急落が中国とメキシコの介入などによる自国通貨押し上げ措置から始まったことが記憶に新しく、トランプ氏の発言が一段の混乱を招く可能性があるとして警戒が広がっている。ニューヨークとトロントのトレーダーによると、流動性が低いため最近の商いは不安定で予想しづらく、ドルは上下両方向で抵抗がほとんどない状態。ドルの動きを左右することが多い10年債利回りはこの日、レンジの上限近くとなった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して前日比0.2%高の1ユーロ=1.0554ドル。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇した。ドルは円に対しては0.2%下落して1ドル=115円77銭。

  年初からのフローの大半は足の速い短期トレーダーや投機筋によるものだが、リアルマネー系からのヘッジが始まった兆候も見られる。ロンドンのトレーダーによると、最近の対円でのポンド売りは英国のリアルマネー系から始まったようで、そこにモメンタム系のファンドが加わった。

  対円でのドルは主要10通貨の中で最も動きが大きかった。午前中に高値を付けた後、買い持ちを手じまう格好となり、アジア市場で付けた安値近辺まで下げた。

  ドルは115円ちょうどに向け大量の買いが依然として控えている。この日はアジア時間に115円20銭まで下げたが、115円50銭で買いが入り始めた。115円を割り込むと損切りのドル売り注文が控えており、6日の安値115円07銭はテクニカルな支持線になる可能性があるという。

  欧州やロンドンのトレーダーによれば、ユーロは対ドルでアジア時間に1.0627ドルまで上昇した後、1.0625-30ドル近辺の売りに押された。その後はもみ合いながら、1.0600ドルを再び上回る場面もあったが、ニューヨーク市場の午後にこの日の安値1.0551ドルまで下げたという。

原題:Dollar Ekes Out Gain; Traders Tweak Positions Before Trump(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE