独VW、排ガス不正めぐり米当局との合意に近づく-5000億円で決着へ

  • 合意に至れば金銭的費用は現在の引当金を上回る可能性
  • VWの監査役会が11日に合意案を検討-関係者

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は、43億ドル(約5000億円)を支払うことでディーゼル車の排ガス不正問題を民事、刑事の両面で決着する米司法省との合意に近づいていることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。