中国人民銀行が中心レート設定方法変更か、元高狙い-ゴールドマン

  • 資本流出続き、政策担当者は元上昇を支持
  • オフショア人民元は先週大幅上昇も、ゴールドマンは下落予想崩さず

ゴールドマン・サックス・グループは、中国人民銀行(中央銀行)が昨年11月の米大統領選以来、人民元の中心レート設定メカニズムを変更したとみている。資本流出が膨らんでいる上、トランプ次期米大統領が保護主義的な貿易政策をとる構えを示しているため、元高方向に向けることを狙っているという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。