10日のインド株式相場は3営業日ぶりに上昇。金属株と自動車関連銘柄が買われ、指標のS&P・BSEセンセックスは200日移動平均線に接近した。

  アダニ・ポーツ・アンド・スペシャル・エコノミック・ゾーンは3.2%高と、構成銘柄の中で上昇率首位。タタ・モーターズも3.2%上昇。同社傘下のジャガー・ランドローバーの12月販売台数が前年同月比12%増となったことが好感された。

  センセックスは前日比0.7%高の26899.56で終了。200日移動平均線を前回明確に超えたのは昨年5月で、当時はその後の4カ月で12%値上がりした。この日は小型株と中型株も買いを集め、中型株指数は1カ月ぶり高値、小型株指数は2カ月ぶり高値にそれぞれ達した。 

原題:Indian Stocks Climb to Highest in a Month as Metal Shares Rally(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE