国際サッカー連盟:W杯出場枠を48カ国に拡大、最大25%増収も

  • 2026年大会から48カ国・地域に拡大、現行の出場枠は32
  • 大会の「絶対的な質」は劣化する恐れ-FIFAが指摘
Photographer: Matthias Hangst/Getty Images

国際サッカー連盟(FIFA)は、世界最大のスポーツイベントであるワールドカップ(W杯)の出場枠を48カ国・地域に拡大することを決定した。これで収入が最大25%増える見通しだが、大会の質は劣化する恐れがある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。