インドでは昨年12月の自動車販売台数が16年ぶりの大きな落ち込みを記録した。モディ首相による前例のない高額紙幣廃止で、乗用車や二輪車、トラックの購入を先送りする動きが強まった。

  インド自動車工業会(SIAM)が10日発表した12月の自動車新車販売台数は前年同月比19%減の120万台。同月としては2000年以降最大の落ち込み。乗用車は1.4%減少。農村部の需要を測る上で重要な二輪車は22%減と、単月としては過去最大の大幅減を記録した。

  SIAMのビシュヌ・マスール事務局長はニューデリーで記者団に対し「一時的な現象と捉えているものの、紙幣廃止が自動車業界への痛手となった」と指摘。2月1日公表予定のインド政府予算案には、センチメント改善に向け消費者の可処分所得を拡大する措置が盛り込まれるはずだとの考えを示した。

原題:India Auto Sales Plunge Most in 16 Years on Modi’s Bank Note Ban(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE