10日のアジア株式相場は上昇。原油相場の下落を受けてエネルギー株が下げたものの、ヘルスケア関連銘柄が値上がりした。日本株は下落。円高で輸出企業の見通しが悪化した。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時40分(日本時間同5時40分)現在、前日比0.2%高。業種別では11業種中7業種が値上がり。トランプ次期米大統領が対中貿易赤字を縮小させると公約しており、アジア経済が打撃を受けるとの懸念が広がり、上げ幅は抑えられた。

  フィリピン総合指数は1.2%高で終了。アジアの主要株価指数で最も大きな上げとなった。香港のハンセン指数は0.8%、ハンセン中国企業(H株)は0.6%それぞれ上昇。中国本土の上海総合指数は0.3%安。 

原題:Asian Stocks Rise as Health Stocks Offset Drop in Energy Shares(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE