GPIFは日本株いつ売るのか、許容幅上限「ギリギリも」と理事長

更新日時
  • アムンディは内外株式の構成比がもう目標値に接近と推計
  • 内外株式の割合が乖離許容幅の上限に迫る可能性も-高橋理事長

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が保有する内外株式の構成比が、運用改革後で初めて目標値に接近しているもようだ。超えれば売却に動いてもおかしくないが、トランプ相場の下ではどのタイミングで売ってくるのだろうか。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。