東芝株が2週間ぶり高値、主要取引銀行が融資継続を表明

更新日時
  • 2月末まで融資を継続、財務制限条項に抵触も支援
  • 原発子会社で数千億円を減損処理へ、投機的等級に格下げ

主要取引銀行が融資継続の意向を表明した東芝の株価は11日、2週間ぶりの高値となった。主要行からの支援表明により、市場の不安が払拭(ふっしょく)されたという見方が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。