米スターバックスの株価チャートは新年に入り、2013年以降2回しか表れていないゴールデンクロスと呼ばれる形状を見せている。過去2回はいずれも55%以上の持続的上昇が続いた。同社株は2016年に7.5%下落し、年間変化率は8年ぶりにマイナスとなったが、今年に入り50日移動平均線が200日移動平均線を上抜けし、ゴールデンクロスを形成した。野村ホールディングスやパイパー・ジャフレー、クリーブランド・リサーチのアナリストらは最近、スターバックス株に前向きな見方を示しており、グローバルブランドとしての価値や飲料業界の成長見通しを17年の上昇のきっかけとして取り上げている。

原題: Starbucks Turns Golden After First Yearly Drop Since ‘08: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE