米国では子育てに一段と金がかかるようになっている。衣服の値段は上がり、医療費や保育費もアップしていることが、米政府の統計で分かった。ただ、少なくとも食費は比較的安いという。

  米農務省の9日発表によると、中間層が2015年に誕生した子供を18歳まで育てるのにかかる費用は1世帯当たり23万3610ドル(約2700万円)と、前年から3%上昇。最も大きな費用は住宅費で全体の29%を占めた。北東部の都市部などで生活費が比較的高い郊外に住み保育サービスを使うことの多い裕福な家庭では、子育て費用が低所得層の倍以上に達している。

交通費を含む子育て費用が増加
交通費を含む子育て費用が増加
Photographer: Jack Plunkett/Bloomberg News

  農務省は1960年以降、ほぼ毎年こうしたリポートをまとめている。子育て費用を住宅や交通、衣料を含む7つのカテゴリーに分けて追跡し、政府機関などが子育て支援コストを試算するのに役立てる。大学への支払いや親以外からの資金援助は政府支援分を含め、統計対象から外している。

  子育て費用の上昇率はインフレ率を上回ってきた。これは医療費増加とファッショントレンドに左右される衣料費が原因。ただ、今年の上昇率は過去の年平均4.3%を下回っており、親には朗報だ。

  中間層は税引き前収入が5万9200ドルから10万7000ドルの家庭としている。所得がこれより低い家庭の子育て費用は17万4690ドル、所得が10万7499ドルを超える層では37万2210ドルとなるもよう。農務省はまた、北東部の都市に住む裕福な家庭では子育て費用が39万7110ドルに達し、農村部では14万6310ドルと最も低いとの調査結果も示した。

原題:Children Don’t Come Cheap: Cost of Raising One Hits $233,610 (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE