昨年12月の中国の生産者物価指数(PPI)はここ5年余りで最も大きな伸びとなった。世界的なディスインフレの一因となっていた中国が、物価押し上げの新たな原動力となる可能性が示された。

  国家統計局が10日発表した12月のPPIは前年同月比5.5%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は4.6%上昇。11月は3.3%上昇だった。12月の消費者物価指数(CPI)は2.1%上昇。エコノミストの予想は2.2%上昇だった。 

  PPIがプラスに転じてからわずか4カ月だが、投入原価の上昇に圧迫された製造業者が売却希望価格を引き上げる中、中国はサプライチェーンを通じて世界各国にインフレを輸出する状況にある。そうした反転が持続可能かどうかは、トランプ次期米政権の下で世界経済がどのように動いていくか、また米中間の貿易摩擦が再燃するかどうかにかかっている。

  HSBCホールディングスのエコノミスト、王然氏(香港在勤)は「製造業部門のリフレーションが続いている」と指摘。「安定したCPIはリフレーションが主に工業セクターにとどまり、実体経済に浸透していないことを示唆している。このため中国人民銀行(中央銀行)はインフレが実体経済に波及するまで対応しない可能性がある」と述べた。

  12月の鉱業のPPIは前年同月比21.1%上昇。原材料のPPI上昇率は9.8%だった。食料のCPIは2.4%、非食料のCPIは2%それぞれ上昇した。

原題:China Factory Prices Rising Fastest in 5 Years Adds to Reflation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE