9日の米国株は下落。先週はダウ工業株30種平均が2万ドルに迫った。この日は原油安を手掛かりにエネルギー株が下げた。

  S&P500種株価指数は0.4%下げて2268.90。6日には12月の米雇用統計を好感し、過去最高値を記録した。先週は週間ベースで1.7%の上昇だった。ダウ工業株30種平均はこの日76.42ドル(0.4%)安の19887.38ドル。

  アナリスト、トム・デマーク氏は6日、ダウ平均は最高値を更新する過程にあるものの、買い手不足で節目に引き続き届かない可能性が高いと指摘していた。

  ナスダック総合指数は0.2%上昇、小型株のラッセル2000は0.7%下げた。エネルギー株は1.5%安。ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大幅下落した。

  金融株も安い。一方、ヘルスケア関連や素材、情報技術は上昇した。シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は2.1%上昇。5日ぶりに上昇した。
  
原題:U.S. Stocks Retreat as New-Year Rally Fades; Europe Shares Fall(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE