米地区連銀の2総裁、2017年の利上げペースで異なる見解示す

  • ボストン連銀総裁は利上げ3回とのFOMC予測は適切と指摘
  • アトランタ連銀総裁は2回を予想し、より慎重姿勢

米連邦準備銀行の2総裁は9日、インフレ率が上昇し労働市場が完全雇用を達成する中で金融当局は緩やかなペースでの利上げが可能との認識を示した。ただし、年内に必要な利上げ回数については見解が割れた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。