トヨタ自動車は9日、今後5年間で米国に総額100億ドル(約1兆1600億円)を投資する計画を明らかにした。過去5年間の投資ペースを維持することになる。同社はトランプ次期米大統領の批判を浴びたばかりだった。

  北米トヨタのジム・レンツ最高経営責任者(CEO)は、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、社の方針を説明。トヨタの豊田章男社長も会場で、15年連続で米国のベストセラー・カーとなった「カムリ」の新型モデルを発表すると共に、米国での投資と雇用に慎重な形で言及した。

北米自動車ショーに出席した豊田章男社長
北米自動車ショーに出席した豊田章男社長
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  トランプ氏は先週、メキシコにカローラ生産工場を建設し、2019年に稼働させるとしたトヨタの先の計画発表を批判。「米国に工場を建設しろ、さもなければ高い関税を支払え」とツイッターに投稿した。トヨタは既にミシシッピ州の工場でカローラを生産している。

  トヨタは昨年11月、メキシコのグアナフアト州アパセオエルグランデで新工場の起工式を行った。ただ同工場の稼働後も米国内の生産や雇用が減少することはないとしている。同社は先週、米国内に219億ドルの直接投資をしており、10カ所の工場と1500のディーラー、13万6000人の従業員を抱えていると説明した。

  9日に豊田社長が発表した新型カムリは年内発売を予定している。カムリの16年販売台数は前年比9.2%減の38万8616台と需要が鈍り、新型モデル投入で販売てこ入れを図る。カムリのフランチャイズを守るため、同社は「革新的」なデザインと性能を実現させるほか、大掛かりなコスト削減も行う。中型セダン市場は販売減少と値下がりに見舞われており、トヨタも含めアジアの自動車各社は大型投資を進めている。

  自動車業界調査会社エドマンズ・ドット・コムのアナリスト、ジェシカ・コールドウェル氏は「このように縮小している市場セグメントでは、顧客を呼び込むために一段の努力が必要になるだろう」と指摘した。

原題:Toyota Sees $2 Billion-a-Year U.S. Spend After Trump Attack (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE