約20億ドル(約2324億円)を調達し、昨年に設立された欧州ヘッジファンドで最大手の一つだった英グレン・ポイント・キャピタルは2016年のリターンがマイナス4.1%となった。投資家に宛てた書簡で明らかになった。

  同マクロヘッジファンドの11月のリターンはマイナス5%。同月はドナルド・トランプ氏の米大統領選挙勝利が影響し、市場のボラティリティによって利益を上げた同業ファンドも複数あった。

  グレン・ポイントは新興市場に特化し、ジョージ・ソロス氏を含む複数の投資家から資金を調達した。同書簡によれば、2017年初時点の運用資産は18億ドル。グレン・ポイントの広報担当社はコメントを拒否した。

  グレン・ポイントはブルーベイ・アセット・マネジメントの運用者だったニール・フィリップス氏とジョナサン・フェイマン氏が設立した。

原題:Soros-Backed Fund Glen Point Loses in First Trading Year (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE