9日の欧州株式市場では、銀行株が大きく下げ、指標のストックス欧州600指数が値下がりした。一方、英FTSE100指数は8営業日連続で終値ベースでの過去最高値を更新した。

  指標のストックス欧州600指数は前週末比0.5%安の363.67で終了。FTSE100指数は0.4%上昇し、2013年5月以降で最長の続伸を記録した。メイ首相が欧州の単一市場へのアクセス断念も辞さない意向を示したことからポンドが下げ、輸出株が買われた。中型株で構成されるFTSE250指数は10営業日続伸し、終値で過去最高値となった。

  CMCマーケッツの市場アナリスト、マイケル・ヒューソン氏(ロンドン在勤)は「年初の最初の1週間は堅調だったが、欧州市場にとって今週は残念なスタートとなった。重要な企業決算の1週間を控え、先週の楽観は大量の利益確定に取って代わられた」と語った。

  ストックス600指数の業種別指数では銀行株が昨年11月以来の大幅安。イタリアの銀行株などの下げが目立った。同国のFTSE・MIB指数は西欧市場の主要株価指数の中で最もきつい下げを演じた。失業率が15年6月以来の高水準となり、景気懸念が強まった。

原題:European Stocks Decline With Banks as FTSE 100 Extends Rally(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE