トランプ次期米大統領は9日、自身のツイッターで、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフォード・モーターが米国での新規投資を発表したことを称賛した。トランプ氏がツイッターで批判を展開するのではなく、賛辞を送るのはまれ。

  トランプ氏はツイッターへの連続投稿で、「やっと実現しそうだ。フィアット・クライスラーはたった今、ミシガン州とオハイオ州の工場に10億ドル(約1160億円)を投じ、2000人を追加雇用すると発表した」と指摘。「フォードは先週、メキシコに10億ドル規模の工場を建てる代わりにミシガン州など米国を拡大すると言った。ありがとう、フォードとフィアットC!」と続けた。

  FCAは8日、3つの「ジープ」新モデル、および現在メキシコで生産されているピックアップトラック「ラム」を米国で生産するため10億ドルを投じると発表した。大統領選以降、トランプ氏は国内外の企業に対し、米国市場向け製品のメキシコでの生産をやめるよう圧力をかけている。

  フォードは先週、メキシコに次世代コンパクトカー「フォーカス」向けに16億ドルで工場を新設する計画を白紙に戻し、同国の既存工場で生産する方針を明らかにしていた。9日にはピックアップトラック「レンジャー」とスポーツ型多目的車(SUV)「ブロンコ」をミシガン州の工場で生産すると発表。同工場では従来、「フォーカス」を生産していた。 

原題:Trump Praises Fiat Chrysler and Ford for U.S. Plant Investments(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE