ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の複数の幹部に対し、米連邦検察は排ガス不正スキャンダルに絡み訴追する計画だ。事情を知る関係者が明らかにした。この件では幹部1人が米当局に逮捕された。

  デトロイトの連邦検察当局は、VW幹部のオリバー・シュミット氏をフロリダ州で逮捕したと明らかにした。9日に公開された訴状によると、同氏は米当局やVW顧客に対する詐欺と大気浄化法違反を共謀した疑い。1997年にVWに入社、2012-15年には環境エンジニアリングのゼネラルマネジャーを務め、米当局との情報伝達や協調に責任を負う役目を負っていた。

  関係者は同氏以外の幹部が訴追される時期の見通し、起訴予定の幹部が現在もVWに在職中かについてコメントを控えた。

原題:Volkswagen Executive Arrested in Miami in U.S. Emission Probe(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE