フィアット・クライスラーが米国に10億ドル投資へ、トランプ氏に先手

  • 「ジープ」にワゴニア、グランド・ワゴニア、ピックアップを追加へ
  • 現在メキシコで生産する「ラム」をミシガン州工場で組み立て可能に

自動車メーカーのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は8日、主力ブランド「ジープ」の新型3モデルなどを米国で生産するため10億ドル(約1175億円)を投資すると発表した。トランプ次期米大統領は自動車業界に対し、米国内で雇用を創出し車両生産するよう圧力をかけている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。