2018年に米連邦準備制度理事会(FRB)議長になる可能性のある有力候補らは、実際に就任した場合には金融政策をさらに引き締める考えを示した。

  米コロンビア大学のグレン・ハバード経営大学院学長とスタンフォード大学のジョン・テーラー教授、同大学経営大学院講師を務めるケビン・ウォーシュ氏は8日閉幕した米国経済学会(AEA)の年次総会で連邦準備制度について、金融政策では解決できない問題に経済が対処するの支援しようと、やり過ぎていると批判した。

ジョン・テーラー教授
ジョン・テーラー教授
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  FRBウオッチャーの間では、18年2月に現行任期が切れるイエレン議長をトランプ次期米大統領が再任しない場合、ジョージ・W・ブッシュ政権メンバーだった上記3氏が次期議長の有力候補と目されている。トランプ氏は選挙戦中、イエレン議長による低金利政策の維持について民主党に恩恵をもたらす措置だと批判していた。

  ブッシュ政権で財務次官(国際問題担当)を務めたテーラー氏は7日にシカゴで行われたパネル討論会で、米金融当局が利上げでやや後手に回っているとの認識を示した。

グレン・ハバード氏
グレン・ハバード氏
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  同政権で大統領経済諮問委会(CEA)委員長を務めたハバード氏も同討論会で、米国が近年、景気下支えで金融当局に依存しすぎだとトランプ氏は考えているようで、同氏のスタンスに同調するとコメント。「FRBは危機直後は非常に首尾よく対応していたが、有効期間が過ぎたかもしれない政策を続けた」と述べた。

  FRBは昨年12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、金利正常化プロセスの一環として追加利上げを決めた。フェデラルファンド(FF)金利誘導目標は現在0.5ー0.75%だが、同月14日公表されたFOMC金利予測中央値によれば、当局者は誘導目標レンジの中間点が17年末までに1.4%に、18年末までに2.1%に引き上げられると見込んでいる。

  ハバード氏は、トランプ氏が大型減税やインフラ投資拡大の計画推進で成功するようなら、金融当局は利上げを加速させる可能性があると予想した。

ケビン・ウォーシュ氏
ケビン・ウォーシュ氏
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  一方、元FRB理事で、ブッシュ政権の経済顧問を務めたウォーシュ氏は別のパネル討論会で、FOMCが景気拡大局面の早い段階で利上げの機会を見過ごしたと指摘。最大限の雇用と物価安定という当局の目標に極めて近づいている状況で、なぜ金利がこれほど低いのか疑問だと語った。

  
  

原題:Potential Fed Chairs Suggest They Would Pursue Tighter Policy(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE