トランプ次期米大統領の政権移行チームは、米銀ゴールドマン・サックス・グループのバンカー、ジム・ドノバン氏を国内金融を担当する次期財務次官の最有力候補として検討している。事情に詳しい関係者の1人が匿名を条件に明らかにした。

  トランプ次期政権では、スティーブン・ムニューチン氏の次期財務長官への登用が決まり、ゲーリー・コーン前社長も国家経済会議(NEC)委員長に指名されるなど、ゴールドマンと関係の深い人物が主要ポストに相次いで起用されており、ドノバン氏が指名されれば4人目となる。実際に次期財務次官に指名され、この人事が承認された場合、ドノバン氏は銀行と資本市場、規制、国債の発行管理に関係する政策調整を担当する。

  ドノバン氏は、ゴールドマンで1993年から勤務し、現在はプライベートウェルスマネジメント部門のマネジングディレクターを務めている。ドノバン氏の財務次官指名の可能性については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が先に報じていた。

原題:Goldman’s Donovan Said to Be Contender for Top Treasury Job(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE