ロシア大統領がサイバー攻撃指示と結論、トランプ氏応援-米情報機関

  • トランプ氏が勝つチャンスを広げることを望んでいたと米情報機関
  • トランプ氏が情報機関トップらと会談した直後に報告書が公表された

米大統領の選挙戦に影響を与えるため、ロシアによるサイバー攻撃や逆情報を流す活動をプーチン大統領自身が指示していたと結論付ける米情報当局の報告書が公開された。ドナルド・トランプ氏の勝利を望む「はっきりした傾向」が示されたと報告書は指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。