米大統領の選挙戦に影響を与えるため、ロシアによるサイバー攻撃や逆情報を流す活動をプーチン大統領自身が指示していたと結論付ける米情報当局の報告書が公開された。ドナルド・トランプ氏の勝利を望む「はっきりした傾向」が示されたと報告書は指摘した。

  米国の情報機関を統括する国家情報長官室が6日公表した報告書は、「プーチン大統領とロシア政府が、クリントン前国務長官の信用を傷つけ、トランプ氏と比べて公に悪い印象を与えることによって、トランプ氏が選挙で勝つチャンスを可能な限り広げることを望んでいたと評価する。3つの情報機関全てがこの判断に同意し、特に米中央情報局(CIA)と連邦捜査局(FBI)は強い確信を持っている」と説明した。

  トランプ次期米大統領はこの日、民主党のコンピューターへのハッキングと、同党の大統領候補だったクリントン氏を傷つける電子メールを流出させた責任がロシアにあるとの調査結果の説明を受けるため、ニューヨークで米情報機関のトップらと会談。米情報当局の報告書は、その直後に公表された。トランプ氏はかねてよりサイバー攻撃の陰にロシアが存在するという結論を疑問視している。

  米情報機関は、投票自体への不正介入を裏付ける証拠がないことを認める一方、「2016年の選挙結果にロシアの活動が与えた影響については評価を下していない」としている。

原題:Putin Himself Ordered Russian Hacking of Campaign, U.S. Says (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE