トランプ氏、ハッキング分析受け入れ対応を約束-情報機関の説明受け

  • 就任90日以内にサイバー攻撃対策まとめる-トランプ氏
  • 前日の時点では情報機関の分析を懐疑的な見解、公に批判していた

ドナルド・トランプ次期米大統領は6日、ロシアによるサイバー攻撃に関する米情報機関の説明を受けた後、「積極的にサイバー攻撃と戦い、攻撃をやめさせる」ための計画を打ち出したいとの意向を明らかにした。情報機関が昨年出した結論について、トランプ氏はこれまで公に疑問を呈していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。