トランプ次期米大統領が企業を狙い撃ちし事業計画を変更させていることについて、債券運用者のビル・グロース氏はイタリアの独裁者ムッソリーニの時代を連想させると述べた。

  グロース氏は6日にブルームバーグラジオでのインタビューで、「企業に生産を米国に戻すよう説得するなど、就任前の政策のいくつかはいいだろう。だが私には、イタリアのムッソリーニ時代の政策や企業の利益が政府の管理下に置かれた時代を思い出させるものだ」と発言。「行き過ぎないように願っている」と続けた。

  ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンドを運用するグロース氏はまた、法人税減税や企業利益を本国に戻すことで収入・投資を促すといったトランプ氏の税制は経済学的にみて「まじないのような部分が多くある」と語った。

  この日は12月の米雇用統計が発表されたが、グロース氏は同国経済と労働市場は改善しているとの見方を示した。

原題:Gross Says Trump Targeting Companies Reminiscent of Mussolini(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE