自動車の運転席からの買い物が年内に可能になる見通しだ。米2位の自動車メーカー、フォード・モーターは、同社モデルへの米アマゾン・ドット・コムの音声認識機能「アレクサ」の搭載を開始する。

  フォードは、同社の車載娯楽情報システム「SYNC 3」を装備した車両にアレクサを今夏から提供すると発表した。アレクサを使えば、ドライバーはアマゾンで商品を注文したり、オーディオブックや音楽を再生したり、ニュースをチェックしたり、飲食店を検索して道順を尋ねたりすることができるようになる。ハンドルのボタンを押して「アレクサ」と言った後、「イタリアンレストランを探してください」などの指示を行うだけでよい。

  アマゾンは自動車メーカーとの提携に力を入れており、アレクサの高級車への搭載を目指し、ドイツのBMWとも協力している。

原題:Alexa, Take the Wheel: Ford Models to Put Amazon in Driver Seat(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE