米書籍販売バーンズ・アンド・ノーブルの年末商戦では、売上高が3年ぶりに減少した。塗り絵本の落ち込みが響いた。米小売企業にとって厳しいクリスマスシーズンだったことがあらためて示された。

  同社の5日発表によると、9週間にわたる年末商戦での既存店売上高は9.1%減。大人が夢中になるなど昨年好調だった塗り絵本などの画材関連商品が、特に低迷した。同社は経費抑制で営業利益は増加すると予想している。

  百貨店チェーンのメーシーズとコールズは4日、通期利益見通しを下方修正していた。

  業績発表を受け、5日の米株式市場でバーンズ・アンド・ノーブル株は下落。一時は約4カ月ぶり大幅安となった。過去12カ月では24%上昇していた。

原題:Barnes & Noble Holiday Sales Sink as Coloring-Book Fad Fades (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE