新興市場国ブラジルとロシア、インド、中国の総称「BRIC」の生みの親であるゴールドマン・サックス・グループは、中国を除く3カ国に南アフリカ共和国を加えたBRIS通貨の上昇に賭ける取引を「堅持」するよう投資家に促している。

  中国人民元に関しては、今年も「2016年同様、じりじり」下げるだろうとゴールドマンの新興市場ストラテジスト、カマクシャ・トリベディ氏らが5日付リポートに記した。17年末までに1ドル=7.3元に下落すると予想しており、この水準はブルームバーグ調査の予想中央値7.16元を下回る。5日のオンショア相場は6.883元前後。

  中国や韓国などアジア諸国はトランプ次期米大統領の保護主義的な選挙公約が政策や規制に反映され影響を受ける公算が大きいが、これに対してブラジルとロシア、インド、南アのリスクは比較的軽微だとゴールドマンは分析する。これらBRIS4カ国は輸出面で米国の労働力と直接競合する度合いが小さいため、同国の輸入制限に直面する可能性は比較的低いようだとみる同社は、国際収支の改善、インフレ鈍化、魅力的な実質利回りと成長見通しを4カ国の選好理由に挙げた。

原題:Goldman’s Bet on Emerging Currencies Is BRICS Without the ‘C’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE