6日のオフショア人民元は急反落。週間ベースでの記録的な上げが縮小している。中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを引き上げたが、引き上げ幅が予想を下回ったほか、一部のアナリストが元相場に対する弱気な見方をあらためて示したことが響いた。

  香港市場のオフショア人民元は一時、前日比1.1%安の1ドル=6.8623元となった。前日までの2営業日では計2.5%上昇していた。香港時間午後4時51分(日本時間同5時51分)現在は0.9%安の6.8537元、オンショア人民元は0.6%安で推移している。

  ゴールドマン・サックス・グループは元安を見込んだ取引で最良のタイミングとして、介入により弱気なポジションが一掃された後、または中国をめぐる懸念がトレーダーのレーダースクリーンから外れているときに到来する傾向にあると顧客に助言した。

  人民銀は6日、元の中心レートを前日の中心レートに比べて0.92%引き上げ、1ドル=6.8668元に設定。みずほ銀行が予想していた6.8447元、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が見込んでいた6.8456元よりも元安水準だった。

  ABNアムロ銀行のシニア為替ストラテジスト、ロイ・テオ氏(シンガポール在勤)は「ドルが若干持ち直しているほか、元ショートの巻き戻しが恐らくほぼ収束し、オンショア人民元との差も縮小していることから、オフショア人民元は下げている」と分析。資本流出が続き、米追加利上げも見込まれるため、今年の人民元は下げる公算が大きいと話した。

原題:Yuan Pares Record Rally as Goldman Says Now’s the Time to Sell(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE