石油輸出国機構(OPEC)と一部非加盟国が原油の協調減産で合意したことを受け、原油相場は昨年上昇した。トレーダーらは、これらの産油国が減産計画を実行している裏付けを望んでいるが、それは容易ではなさそうだ。

  課題となるのは、減産プロセスの各段階で浮上する油井やタンカー、貯蔵施設などに関するデータの沼から首尾一貫した全体像を構築することだ。

  週間生産統計が公表される米国とは異なり、OPEC加盟国の場合は生産統計の公表に数カ月を要しかねない。さらに、これらの産油国のデータは、他機関の独自調査と食い違う可能性があり、過去にデータがごまかされていたケースも知られている。米国のリグ(掘削装置)稼働数の増加が弱材料となる中、合意履行に関する新たな兆しが示されるたびに原油価格の振れが予想され得る。

  英バークレイズのエネルギー商品調査責任者、マイケル・コーエン氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで「原油市場は、これまでより一層、データと報道によって変動する可能性がある。減産を追跡する上で、データの遅れが主要な問題になるだろう」と指摘した。

原題:Will OPEC Deliver Promised Output Cuts? Here’s How We’ll Know(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE