世界最大のスマートフォンメーカー、韓国サムスン電子の昨年10-12月(第4四半期)決算では、利益がアナリストの予想を上回った。メモリーチップの値上がりが、スマートフォン「ギャラクシーノート7」生産停止で落ち込んだ業績の回復を後押しした。

  6日公表した暫定集計では、営業利益が9兆2000億ウォン(約8940億円)。ブルームバーグが過去4週間に集計したアナリスト予想平均は8兆2900億ウォンだった。売上高は53兆ウォンで、アナリスト予想平均(52兆1000億ウォン)を上回った。

  サムスンは発火事故に伴うノート7の生産打ち切りで創業以来最大の経営危機に陥ったが、中国の需要に支えられた半導体の持続的な値上がりで悪影響が緩和された。ただ同社はまだ生産中止後の調査結果を公表していない。生産停止で同社は60億ドル(約6900億円)強のコストを抱えたほか、スマホ高級機種市場でアップルに大きく引き離された。

  大信証券のソウル在勤アナリスト、クレア・キム氏は決算発表前に、「サムスンのV字回復は多くの人が予想していた。同社の株価は主として半導体事業のおかげで年内に再び上場来最高値を更新すると見込まれる」と指摘。「メモリーチップは低価格スマホメーカーからの強い需要で現在は供給不足となっており、在庫は平均水準を下回っている」と説明した。

  サムスンはこの日の暫定業績では純利益と部門別利益を公表していない。月内に監査済み決算を発表する。

原題:Samsung Profit Beats Estimates as Chips Shake Off Note 7 Woes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE