日本株下落、米金利低下と円高、トランプ氏発言リスク-午後下げ渋る

更新日時
  • 鉄鋼など素材や輸送用機器、銀行に売り、内需堅調が下支え
  • 6日の米雇用統計、日本は3連休控え様子見姿勢も

6日の東京株式相場は下落。米国の長期金利低下と為替のドル安・円高進行で企業業績に対する楽観的な見方が後退し、輸送用機器など輸出株や鉄鋼など素材株、銀行など金融株が売られた。輸出では、トランプ次期米大統領からメキシコ新工場建設が批判されたトヨタ自動車が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。