ロナルド・レーガン、ジョージ・H・W・ブッシュ(父ブッシュ)両米政権を顧問として支えた経験のあるデービッド・マルパス氏が、ドナルド・トランプ次期政権の財務次官(国際問題担当)として最有力候補に挙げられている。匿名を条件に次期政権移行チーム当局者が認めた。

  マルパス氏は現在、米コンサルタント会社エンシマ・グローバルの社長を務めている。2008年に破綻したベアー・スターンズで、同氏はチーフエコノミストだった。今回の大統領選挙戦では顧問としてトランプ陣営に加わった。

  次期米政権の財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチン氏の広報担当タラ・ブラッドショー氏はコメントを避けた。マルパス氏の財務次官候補はこれより先、ウォールストリート・ジャーナル紙が報じた。

原題:Malpass Seen as Pick for International Treasury Job (Correct)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE