為替操作問題で米連邦判事は5日、大手4行 が米司法省と合意した2015年の司法取引を認めたが、今後の不祥事を回 避するためにも不正に関与した個人も罰せられるべきだとの見解を示し た。

コネティカット州ブリッジポート連邦地裁のステファン・アンダー ヒル判事は大手4行の有罪答弁を認め、計25億ドル(約2887億円)の支 払いを命じた。これは連邦量刑ガイドラインで定められている水準より も低い。

アンダーヒル判事は「市場が操作されると、規定通りに取引してい る市場参加者がばかを見る」と指摘。「率直に言うと、政府に対して個 人の訴追も検討するよう勧める」と述べた。

罰金の内訳はシティグループが9億2500万ドル、バークレイズが6 億5000万ドル、JPモルガン・チェースが5億5000万ドル、RBSが3 億9500万ドルとなっている。

原題:Citigroup, Barclays, JPMorgan, RBS Sentenced Over FX Rigging (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE