5日のニューヨーク外国為替市場ではメキシコ・ペソが下げを埋めた。一時過去最安値に下げたことから、同国の中央銀行がドル売りの介入を実施した。

  メキシコ中銀の市場オペレーションマネジャー、ホワン・ラファエル・ガルシア氏は同中銀がペソ高を目指して介入していると述べた。

  ニューヨーク時間午前9時31分現在、ペソは対ドルで前日比0.8%高の1ドル=21.2762ペソ。一時は1.5%上昇する場面もあったが、上げ幅を縮小。一部トレーダーらは介入について、最近のペソの下落圧力を抑えるには規模が小さいと判断した。

原題:Mexico Peso Rebounds From Record Low After Banxico Sells Dollars(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE