5日のインド株式相場は上昇し、指標のS&P・BSEセンセックスは8週間ぶり高値に達した。石油関連銘柄や金属株の上げが目立った。

  タタ・スチールは3週ぶり高値を付け、インド石油ガス公社(ONGC)は10週間ぶりの大幅上昇となった。アダニ・ポーツ・アンド・スペシャル・エコノミック・ゾーンは4.6%高と、構成銘柄の中で上昇率首位。一方、タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)は7週間ぶりの大幅安で、構成銘柄の中で最もきつい値下がり。

  センセックスは前日比0.9%高の26878.24で引けた。

原題:India’s Sensex Rises to Two-Month High as Oil, Metal Makers Gain(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE