ユーロ圏:11月の生産者物価、3年ぶりプラス圏復帰-物価上昇の兆し

  • PPIは前年同月比0.1%上昇、市場予想は40カ月連続の前年割れ
  • 刺激策の規模めぐる議論が活発化も

ユーロ圏では昨年11月の生産者物価が約3年ぶりでプラス圏への復帰を果たした。域内経済の勢いが高まる中、コスト圧力が強まりそうな兆しが増えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。