債券上昇、米長期金利低下で買い優勢-超長期ゾーンにもようやく買い

更新日時
  • 長期金利0.045%、新発20年債利回り0.59%まで低下
  • まだ米債ショートのポジションがありそう-三菱UFJ信託

債券相場は上昇。長期金利は一時、3営業日ぶりの低水準を付けた。前日の米国債市場で長期金利が大幅低下した強い地合いを引き継いだ。前日まで軟調推移が続いた超長期ゾーンにも買いが入った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。