中国本土からの資本流出に歯止めをかけようとする当局の取り組みが奏功しつつある。本土外で不足しつつある人民元をトレーダーらが買い進めたことから、オフショア市場で人民元が記録的な大幅上昇となった。
  
  5日の香港市場で、人民元は現地時間午後2時53分(日本時間同3時53分)現在、前日比1%高。この2日間の上昇率は2.3%に達し、2010年からのデータでは2営業日として最大の上げを記録した。

  香港の翌日物預金金利は過去最高の80%に上昇。ブルームバーグ・ニュースは先に、中国当局が国有企業に外貨売りを促していると報じていた。

  ソシエテ・ジェネラルは、この報道が人民元を支える中国の決意を裏付けたことから、投資家がドルに対する強気なポジションを減らしていると指摘した。

  オフショア人民元は香港時間午後1時5分前後に突然、前日からの下げを消した。上海市場の人民元は0.8%高。オフショア人民元のオンショア相場に対するプレミアムは1.2%に拡大した。

原題:Bears Scramble for Yuan as China Chokes Flows, Aids Currency (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE