英首相、駐EU大使後任を1日足らずで決定-離脱政策への批判対応か

  • ティム・バロー氏が後任、ロジャーズ現大使は3日に突然辞意表明
  • 迅速な後任決定はメイ首相が批判に敏感である証拠との見方も

英国の欧州連合(EU)離脱で確固たる計画を持たないと批判されたメイ首相は4日、ロジャーズ駐EU大使の辞意表明から1日足らずで外交官のティム・バロー氏を後任に指名した。政権批判が高まるのを抑える動きとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。